窯業系サイディングのトレンド・クリヤー塗装の魅力

一口に外壁塗装と言っても、塗装の種類によって仕上がり具合が大きく違ってきます。その最たる例がクリヤー塗装です。「クリヤー塗料」と呼ばれる無色透明の塗装材を使った塗装法で、素地の持つ風合いを生かすことができるやや風変わりな塗装法です。

クリヤー塗装の特徴と外壁のお手入れ方法をまとめてみました。

仕上がりに差が出る!窯業系サイディングならクリヤー塗装

外壁before 外壁after

外壁を美しく長持ちさせるのに最適な窯業系サイディングは、デザインやカラーバリエーションが豊富なことで知られています。ただ、塗装はカラー付きのものが全てではありません。外壁の美しさや風合いを残す無色透明の塗料で仕上げるというメンテナンス法が、今人気を集めているのです。

ここで、今話題のクリヤー塗装について紹介します。

窯業系サイディングの良さを引き出すクリヤー塗装

基本的に、サイディング塗料は素地にそのまま塗装をするので、何らかの模様が入っていた場合それが消えてしまうケースがほとんどです。全体的に一体感のある外観にはなりますが、素地が持つ風合いが大きく損なわれてしまいます。

風合いをそのまま残したいという方に最適なのがクリヤー塗装です。イメージとしては、サイディング材の上に直接ニスのような塗料を塗布する感じです。

クリヤー塗装に用いる塗料には、「ツヤあり」と「ツヤなし」の2つの種類があります。

クリヤー塗料は機能性にも優れている

クリヤー塗料にはいくつも特徴があります。外壁を長期に渡って美しい状態に維持するという点、藻やカビなどに強く環境衛生に優れているという点、他にも高耐候性や高い透湿性など、様々な特徴を持ち合わせています。環境に優しい弱溶剤タイプであるという点も特徴の1つに挙げられます。

クリヤー塗料は外壁の本来の風合いを生かすだけでなく、このような多くの特徴を持つ塗料でもあるのです。

クリヤー塗料の外壁塗装で注意すること

劣化が激しい外壁にはNG

外壁の既存の塗膜が傷んだ状態だとクリヤー塗料は塗布することができません。基本的に10年に1回はしっかり塗装しておくようにしましょう。

加工処理された窯業系サイディングは不可

基本的にクリヤー塗料は加工処理された窯業系サイディングには使用できません。フッ素加工されたものや撥水加工されたものがそれにあたります。塗装に入る前に、外壁が加工処理されているかどうかチェックしておきましょう。

単色よりも2色以上を使った外壁がおすすめ

クリヤー塗料は外壁が単色でも問題なく塗布できる塗料材です。ただ費用対効果を考えるのであれば、同じ色で塗装することをオススメします。外壁が単色の場合は、有色のエナメル樹脂塗料が適しています。

「ツヤあり」か「ツヤなし」かの違い

クリヤー塗料は文字通りクリヤー、つまり無色透明の見た目を持つ塗料です。ただクリヤー塗料にはツヤが出るタイプとツヤが出ないタイプの2つの種類があります。どのタイプを使うかによって仕上がりや機能性が大きく変わります。

両タイプの特徴を把握し、比較をした上でどのタイプを使用するか決めましょう。

ツヤありの場合

ツヤありの大きな特徴は、何と言ってもその耐久性の高さです。外壁にツヤが出ると、埃や汚れ、カビや藻などが付着しにくくなります。つまり劣化の要因を減らすことができるということです。

ただツヤありタイプにもちょっとした注意点があります。それは、耐久年数とされている期間ずっとツヤを出しているわけではない、という点です。ツヤはだいたい2~3年で消えてしまいます。

ツヤなしの場合

ツヤなしタイプは、文字通りツヤを出さずにクリヤー塗装できる塗料となっています。ツヤありとは違い埃や汚れが付着しやすいため、耐久性がやや低めです。またツヤなしには油性(溶剤)塗料が無く、水性塗料のみとなります。したがって塗料の選択の幅がグッと少なくなってしまいます。

ただツヤなしタイプは高級感と落ち着きを持った外観を出すのに適しており、また最近は汚れに強いツヤなし塗料なども販売されるようになっています。ツヤありには無いメリットも十分持ち合わせているのです。

自分でできるお手入れで外壁を長持ちさせる方法

外壁は、普段のお手入れ1つで見た目が大きく変わります。専門業者に施工を依頼するのも1つの方法ですが、自分でできるメンテナンス法を取り入れることで窯業系サイディングも長持ちします。たくさんの人の目に触れる外壁だからこそ、こまめにメンテナンスしておきたいところです。

ここで外壁のお手入れのコツと注意点を紹介します。

高圧洗浄機よりもホースでパシャパシャ汚れを落とすのがオススメ

外壁塗装のときの洗浄と言えば高圧洗浄機、というイメージを持っている方は少なくありません。しかし高圧洗浄機は圧力がとても強く、やり方を誤るとサイディングが崩れてしまったり凹んでしまったりする可能性があります。

自分で洗浄をするのであれば、ホースとブラシを使ったシンプルかつ簡単なお手入れ方法がオススメです。ホースで水をかけるときは、間違っても下から突き上げるような感じにしないようにしましょう。壁の中に水が入ってしまうかもしれないからです。

中性洗剤を使って汚れを落とすのが正解

外壁はカビや藻だけでなく、鳥のフンが付着することもあります。鳥のフンはとても厄介な存在で、美観を損なうだけでなく、オウム病やクリプトコッカス症、寄生虫被害等の要因となることもあります。

カビや藻、そして鳥のフンを取り除く際は、中性洗剤を使いましょう。粒子が入っているクレンザーなどは外壁に傷を付けてしまう恐れがあるので、使わないようにしましょう。

ホースの水を外壁にかけ、中性洗剤をあてながら柔らかいブラシで洗浄するようにしましょう。そのようにすれば外壁は綺麗になるはずです。

TOP